脳梗塞は原因を理解して予防|危険な将来を避ける

発症リスクと予防

病気

数多くの発症リスク

脳卒中は日本人の死亡原因でも第3位となっていますが、中でも脳梗塞は脳卒中でも患者数が最も多い病気です。脳の血管が詰まることによってその先の細胞が壊死を起こし、さまざまな症状や障害が発生します。大きな血管が詰まった場合は命に関わることがある他、後遺症が残る例も少なくありません。脳の血管が詰まってしまう原因としては、加齢や生活習慣による動脈硬化が挙げられます。特に高血圧や糖尿病の人は発症リスクが高まりますので注意が必要です。心臓に不整脈が見られる場合も、心臓でできた血液の塊が血流に乗って脳の大きな血管を詰まらせる恐れがあります。喫煙や過度のアルコール摂取なども発症リスクを高めると言われています。そうした危険性を複数持っている人は、日頃から脳梗塞の予防に努める必要があると言えます。

発症リスクを減らす

脳梗塞の予防策としては、一番の原因となる高血圧の改善がまず挙げられます。食事を見直して塩分を減らし、カリウムやカルシウムを含む食品を摂取するように心がけるといいでしょう。ストレスも血圧が高くなる要因の1つですので、軽減させることが大切です。生活習慣の改善だけで血圧を下げることには限度がありますから、病院やクリニックを受診して高血圧の治療を行うことも脳梗塞の予防につながります。内科や脳神経外科では高血圧の治療も行っており、血圧を下げる薬を処方することができます。薬によって血圧を適正にコントロールできれば、脳梗塞の発症リスクを大きく下げられるのです。脳梗塞は糖尿病や高脂血症・不整脈など他の病気が原因となって発症する例も少なくありません。病院でそれらの病気を治療していくこともまた、脳梗塞を未然に防ぐことにつながるのです。

脳ドックの必要性

病院

脳ドックとは画像検査を中心とした脳検査のことです。様々な脳の病気を早期発見できますが、とりわけ、自覚症状に乏しい、脳動脈瘤の早期発見には有効です。ただ、脳動脈瘤の根本的な治療は外科的治療しかなく、破裂の確率が高くない限り、経過観察するが一般的です。但し、経過観察することによって破裂を未然に防げます。

詳しく見る

科目を知ると便利

女性

内科は臓器に関する病気などを解決してくれるところで、軽いけがや病気などにも対応する事ができるのです。世田谷区にある内科で良いところを探すときには、情報収集できるコンテンツを利用すると便利です。今後はこのような情報集めが流行るでしょう。

詳しく見る

子供の病気はデリケート

先生

こどもが病気にかかったら大きな病院で診てもらう方が安心と思ってしまいますが、専門の医師がいないことも考えられます。そんな時には専門医である小児科の医師に受診してもらうほうが安心です。伊丹にも多くの小児科の病院があります。感染症などの病気の時は事前に連絡を入れてください。

詳しく見る